「ケアラー恋愛応援」プロジェクト

私は、元看護助手で両親の在宅介護を15年経験した彼女と出会いました。彼女に介護の悩み、愚痴、相談から世間話まで随分助けられています。そして、「ヤングケアラーでも恋愛したい」、「ケアラーでも結婚して家庭もってやる」、「同じケアラー仲間のカップルがいたら介護を乗り切れるだろうな」と声を聞きます。そこで、2022年「ヤングケアラー」と「若者ケアラー」を対象でバレンタイン近辺に計画中、詳細は後日お知らせ致します。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥村シンゴ
奥村シンゴ
兵庫県出身。介護作家、メディア評論家、「よしてよせての会」代表。神戸学院大学法学部法律学科卒業後、株式会社CSKマーケティング(現在、SCSK株式会社)で放送・通信業界の営業職などを経験。32歳から認知症祖母や精神疾患・ガンの母親の介護を経験し、「介護」、「メディア」をテーマに執筆・講演・出演。単著『おばあちゃんは、ぼくが介護します。』はジュンク堂書店1位、みんなの介護の連載249回、介護専門誌日総研認知症ケアの連載は4年目、読売新聞・朝日新聞・共同通信・政治家・自治体講演、ラジオなど掲載・出演延べ400を超える。