ご挨拶

はじめまして。この度、「よしてよせての会」を設立しました奥村シンゴと申します。

私は、介護作家・支援活動やメディア評論家などをしながら、30歳過ぎからガン・精神疾患の母親と認知症の祖母をほぼ一人で介護し計9年目です。

30代前半といえば働き盛り。私は、正社員で放送・通信業界へ働いていて、周囲から「親やおばあちゃんの介護はするもんやない」と反対されましたが、介護離職しました。

なぜなら、「親や祖母をできるかぎり老人ホームではなく家でみたい」と「経済的困窮で施設に預ける余裕がない」、「誰もみる人がいない(弟と妹は、結婚し家庭があるのと、祖母への想いが違い介護に非協力的)」だったからです。

私が介護を経験する中で、「ヤングケアラー・若者ケアラー・就職氷河期ケアラーが一同に話し合ったり、社会活動をして国・政治家さんなどに意見を届ける場」「私の仕事経験が活かせ、就業支援に結びつくサポート」がケアラーさんにとって必要と判断しました。

そこで、ヤングケアラーさん・若者ケアラーさん・就職氷河期ケアラーさんを対象に「よしてよせての会」を立ち上げると共に①~③のサポートを開始します。

①よしてよせての会

②ケアラーライター

③ケアラー講座

できたてほやほやのコミュニティーですので、皆様と”よりよい在り方”を一緒に模索していきたいと思いますし、私自身も「学び」や「気づき」の場になる予感がしています。どうぞよろしくお願い致します。

                      令和3年8月 よしてよせての会代表 奥村シンゴ

経歴・実績・趣味 →https://toratachan.site/