【2022年1/10(日)開催レポート】幼稚園からヤングケアラーを経験した現役介護士さんとツーショット対談

2022年1月10日(日)、幼稚園からお父様とお祖母様の介護を経験し現在高齢者施設で介護士でご勤務の田中哲也さんと対談しましたのでお知らせ致します。

田中さんは、汚物処理に対して「汚物は汚いもんじゃない、先人の方を処理するだけ」と捉える原点が幼い頃からの生育環境やお父様の影響にあったのです。大変深く学びの多い対談内容になりました。ぜひ↓の動画をご覧いただき、忌憚のない感想をお待ちしております。

詳細内容は、後日アップします。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥村シンゴ
奥村シンゴ
兵庫県出身。介護作家、メディア評論家、「よしてよせての会」代表。神戸学院大学法学部法律学科卒業後、株式会社CSKマーケティング(現在、SCSK株式会社)で放送・通信業界の営業職などを経験。32歳から認知症祖母や精神疾患・ガンの母親の介護を経験し、「介護」、「メディア」をテーマに執筆・講演・出演。単著『おばあちゃんは、ぼくが介護します。』はジュンク堂書店1位、みんなの介護の連載249回、介護専門誌日総研認知症ケアの連載は4年目、読売新聞・朝日新聞・共同通信・政治家・自治体講演、ラジオなど掲載・出演延べ400を超える。